おまとめローンについて

業者比較

借金のワケ

節約で返済を楽にする

貧乏なときの暮らし

クレジットカード

借金なんてしたことないと思ってた

ずっと借金=マイナスイメージをもっていた。そんな私の考えを変えたのはマイホーム建築の手続きにおいてのことだった。貯金はほとんどなく、頭金も100万円という微々たるものであったが、ハウスメーカー側から無理なく建てられる金額設定を提案してもらい、なんとかなるもんだと銀行へローン申し込みをすることに。ところが、銀行の保証会社から借金を整理しないと借用が難しいとの話が。借金!?そんなものした覚えはないとハウスメーカーの担当と話しをすると、カードを何枚もっていますか?とたずねられ、財布を調べると3つの銀行のカード、ショッピングセンターで作ったクレジットカードがあった。恥ずかしながら今までちゃんと意識できていなかったけれど、カード払いも「借金」、カードローンも「借金」なのだということをその時はっきりと理解した。カード払いなんて日常茶飯事、ポイントも貯まるし当たり前のように買い物で使っていたけど、「借金」と言われるとなんだか少し罪の意識が芽生えた。銀行カードに付随しているクレジット機能の使用可能額はそのとき各カードだいたい40万、キャッシング機能は20万、借用可能金額は総計200万ということになる。そのときは車のローン(150万)や、リボ払いにしている買い物の分(20万)など、他にも様々なカードでの利用金額などのことを考えると、マイホームローンへの審査で借用が懸念されたようだ。そこで、CIC(指定信用情報機構)へ自分の借用歴などを開示し、整理をつけることを勧められた。ここで初めて社会人になり、自分がいつどれだけカード利用(借金)していたかが明らかに。他人から自分の金銭管理について指摘されたような、丸裸にされたような恥ずかしい気持ちになった。CICというものが存在することも今回初めて知り、今までの金銭管理意識のゆるさや甘さを知ることで、なんとなくあいまいだった自分の生活態度までもあらためることとなった。日常に当たり前にある小さな借金(カード使用など)は、なくてはならない人は多いのではないかと思う。ただ漠然と借金=マイナスイメージだった自分の考えは今回の件で変わったことは間違いない。


学生時代の貧乏生活の経験

お金に関するメニュー

やさしく解説している1万円から株式投資すぐに始めれます。